スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は現在開催中のラストクロニクル前哨戦のプロモーションカードである『卑弥呼』を使ったデックを紹介していきましょう。
 では早速デックレシピを初回していきましょう。

Lv名前枚数
卑弥呼3枚
シルヴァライトの騎士3枚
ヴェスの神官2枚
力の天使 ラーン3枚
ヴァイスガート弓騎士団3枚
王宮衛士隊3枚
スペル癒しの光3枚
雷を呼ぶもの3枚
雷神の使徒3枚
雷帝 バルヌーイ2枚
ゼフィロン弩弓兵3枚
スペルサンダーアロー3枚
バストリアンバーサーカー3枚
乱世の走狗3枚
タグ荒野のオーク3枚
ナイトクドゥラク3枚
命なき者の王 ロヴォス2枚
ヒストリー黒水晶の髑髏2枚

 今回のデックレシピを見てもらえればわかりますがCBが驚異の15枚体制となっています。
 『卑弥呼』の能力はCCが7以上なら登場時、追加でクロノチェックができることです。クロノチェクが1回増えればCBが発動する可能性も高くなるということがわかると思います。
 『卑弥呼』の能力を使いまわすにはアタックorブロックで相手を利用して場からなくすか青と組み合わせてブリンクを組む、黒と合わせてサクリファイスに利用するという3つの方法があります。今回は黒と合わせてのサクリファイスに焦点を見据えてデックを作成してみました。
 そして、このデックのもうひとつの特徴は・・・王冠持ちが10枚!!!
 どのカードも場に出すことができれば戦場を縦横無尽に活躍すること間違いなしです。

 このデックはまだまだ試作段階ですので、どのように回るのかは私自身わかりません。(๑≧౪≦)てへぺろ
 しかし、このサイトを見てくださる方はきっときっと”使いこなしていただけると思っております(>_<)
 今回はテストプレイをまだしていないのでテストプレイをした際にはこの場か、twitterにて公表します!!!
 では今回はこのへんで( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラスクロ 【第2回】スターター第3弾配布後の評判、環境解説

MtG、FFTCGの大会に上位入賞し、Magic: The Gatheringのコラムも執筆されている「mitsui」氏の考察記事です。 mitsuiさん  Twitter @legend_m 2013/08/03 ブックスヤスモト 前哨戦 ラスクロ楽しい

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。