スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストクロニクル【青紫ビート】

今年は既に2種類のカードゲームがすでに発売され、このあともあと2種類の発売が待っている状況にあります。
今回はその中でも私が押しているラストクロニクルの、メインで使用しているデッキを公開します。
デッキリストは以下のようになっております。

Lv名前枚数
覇力の偶像2枚
マジュラ沖のマーメイド2枚
跳躍するヘルネブ3枚
時の巫女3枚
イースラ水軍兵3枚
イースラの尖兵3枚
蒼月の術士 ユエン3枚
うねる時の大海蛇3枚
スペル時の捻れ3枚
スペル凍結2枚
雷を呼ぶもの3枚
サンダースピリット3枚
若きミノタウロス2枚
雷神の使徒3枚
雷帝 バルヌーイ2枚
ゼフィロン飛雷隊/td>3枚
ゼフィロン弩弓兵3枚
スペルサンダーアロー3枚
スペルシグニィの雷気1枚
このデッキの運用方法はまずは時代Ⅲを目指しましょう。
主力級が時代Ⅲ以降に集中しているので、時代Ⅰ&Ⅱは守りに徹しましょう。
時代Ⅰでは"時の巫女"を場に残す状況を作り、時代Ⅱにあがる段階で、LvⅢの"ゼフィロンの飛雷隊"か"うねる時の大海蛇"を出しておけば、時代Ⅱに上がった時、"時の巫女"の能力でLvⅡに下げることで時代Ⅱで攻撃することができます。
時代Ⅲからはこのデッキの主力でもある"ゼフィロンの飛雷隊"が行動できるようになるので、積極的に攻撃していきます。
ここで1つこのデッキの弱点は黒のヒストリーの"黒水晶の髑髏"には注意しましょう!!!
相手のユニットがあれば、戦闘を行わずに"ゼフィロンの飛雷隊"の『突破2』も無意味になります。なので、黒を相手にしたときは"黒水晶の髑髏"と相手のユニット数には気をつけましょう。
時代がⅣまで行くことがあるのならここで"雷帝 バルヌーイ"が火を吹きます。
このカードの時代Ⅳの能力は相手ユニット全てに2000ダメージを与えるという強力極まりない能力です。この能力を使用することができたのなら相手の場は壊滅状態になっていることでしょう。
最後にこのデッキの改造案ですが、無料スターターの現状ではスペルの枚数や、色の配分を変更するといったことしかすることがありません。
今後も週1でラストクロニクル以外のデッキも上げていきたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。